メニュー

糖尿病

糖尿病は、インスリンというホルモンの不足や作用低下が原因で、血糖値の上昇を抑える働きが弱くなってしまうため、高血糖が慢性的に続く病気です


糖尿病には「1型糖尿病」と「2型糖尿病」の2つのタイプがあります。
「1型糖尿病」は、ウイルス感染や自己免疫により膵臓が破壊されておきる糖尿病です。
「2型糖尿病」は、食べ過ぎ、運動不足、ストレス等の生活習慣の乱れによって発症する糖尿病です。95%の糖尿病が2型糖尿病です。


糖尿病の恐さは、自覚症状のないまま放置され、重篤な合併症が進展することです。糖尿病は深刻な合併症(神経障害、網膜症、腎症、動脈硬化症など)を引き起こすことがあり、最悪の場合は、大きな血管の動脈硬化が進行して心臓病や脳卒中のリスクも高まり、死に至る危険な病気です。

 

症状

高血糖の状態でも特に症状がでなく、放置している方が多いです。しかし以下のような症状が出ているときはかなりの血糖高値ですので早急な治療が必要です。

  • 喉が渇きやすくなり、水分摂取量が多くなった
  • 運動してないのに、体重が減った
  • 最近、疲れやすくなった

 

糖尿病の治療

・運動療法、食事療法
食事療法は、炭水化物、たんぱく質、脂質の三大栄養素をバランスよく取ることが大事です。患者様ご自身に1日に必要なエネルギー量を把握していただき(体格・年齢によって変わります)、普段の食事生活を気をつけていただきます。また、ウォーキングや自転車などの運動を継続的にしていただき、血糖改善をめざします。

・内服薬、インスリン治療
数ヶ月間、食事療法と運動療法を継続しても、血糖値の改善がない場合には、経口血糖降下剤やインスリン注射による治療を行います。

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME